胎児に良い食材

妊娠中の女性は、初期段階つわりに悩まされます。そんな、苦しいつわりを乗り越えると食事が楽になり、食べることが楽しくなります。胎児にいい食事を摂る様に、少しずつ心掛けましょう。

Read more

胎児のために

妊婦健康診査

幸せな家庭を築くために多くの女性が子どもを産むために妊娠する。
妊娠は新たな命の誕生の過程であり、とてもおめでたい事です。
それと同時にお母さんは、もう1人だけの身体ではなくなります。
赤ちゃんを育てるため、様々な点で気を使います。
妊娠をしたら、妊婦健康診断を受けましょう。
七ヶ月までは月に1回、七ヶ月を超えると月に2回以上、臨月には週1回医療機関などを通し、健康診査を受けます。
妊婦検査では、妊婦の健康具合・赤ちゃんの育ち具合を見るため尿検査、血液検査などの健康検査を行います。
妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群など妊娠中に起こる様々な病気は、母体の健康を損なう恐れがあります。
健康診断を定期的に受けていることで、このような病気を早期発見し、対応がききます。
ですから、妊娠したら定期的に健康診査を必ず受けましょう。

孫子は優しいよ

妊婦に優しい、アンチエイジング効果も期待できる食品の頭文字をとって作った言葉があります。
それは「孫子は優しいよ」です。
豆、ごま、米(玄米)、わかめ、野菜、椎茸(きのこ)、イモ類、ヨーグルト(発酵食)
このように、低カロリーが連想されるものばかりです。
低カロリーながらも、栄養素は著しく、妊婦に最適といえる食品です。
また、この「孫子は優しいよ」と共に、5色の食品例があります。
白は炭水化物・玉ネギ・きのこ、黒は海藻類をはじめとした海苔・昆布・わかめ・黒豆などです。
赤はトマト・にんじん、緑ピーマン・キャベツ・ほうれん草などです。
黄色は、チーズやかぼちゃなどがあります。

胎児に悪い食材

妊娠中は、様々な食材に気を使わなくてはなりません。そんな食事には胎児を脅かす危険な物があります。悪い食材を避け、積極的に胎児にいい食材を食べるようにしましょう。

Read more

食べ過ぎ注意

「胎児のためにたくさん食べないと」という意識を妊婦は持ってしまいます。しかし、妊娠中食事を食べすぎると胎児に影響がある食材があるので、食事には気をつけましょう。

Read more